▼ このカテゴリーの記事をすべて表示

標準 アーカイブ

ORCIVAL(オーシバル)リネンイージーパンツ

ORCIVAL ~ オーシバル
1939年フランス・リヨンでチャールズ・バルト氏がフランス中部にある小さな村の名前を使ってマリンTシャツのORCIVALブランドをスタート。
1950~60年代にはフランス海軍でこのマリンTシャツが制服として採用されていたという、由緒あるブランドとして有名になりました。

ORCIVAL(オーシバル)よりリネンイージーパンツ です。
ヴィンテージのフランス軍のリネンパンツをベースにデザインされたイージーパンツ。ウエストはゴム仕様で、共地のベルトで留めるリラックス感のある着心地。ハイウエストにストレートといったオーセンティックなシルエットで、幅広い着こなしに活躍します。 素材には、しっかりと揉みこむことで柔らかく仕上げた高密度のリネン地を使用。長年かけて育てたような豊かな風合いが特徴です。通気性に優れた軽いタッチが心地良く、高温多湿な夏も快適に着用していただけます。

カラー・・・ライトベージュ、カーキ、ダークネイビー、チャコール

サイズ・・・1(One Size Free)

素材・・・リネン 100%

made in JAPAN

ORCIVAL(オーシバル)リネンイージーパンツはこちらから

ORCIVAL(オーシバル)スクエアネックノースリーブブラウス

ORCIVAL ~ オーシバル
1939年フランス・リヨンでチャールズ・バルト氏がフランス中部にある小さな村の名前を使ってマリンTシャツのORCIVALブランドをスタート。
1950~60年代にはフランス海軍でこのマリンTシャツが制服として採用されていたという、由緒あるブランドとして有名になりました。

ORCIVAL(オーシバル)よりスクエアネックノースリーブブラウスです。
清涼感のあるリネン素材を使用したスリーブレスのブラウス。製品洗い加工を施し、ナチュラルで膨らみのある風合いに仕上げています。鎖骨を綺麗に見せてくれるスクエアネックが首元をすっきりと見せてくれます。裾にはお馴染みのエンブレムがワンポイントに。ふんわりとしたフレアシルエットが見た目にも軽やかで、夏の着こなしにぴったりのアイテムです

カラー・・・ホワイト×ブルー、アイボリー、ベージュ、チャコール

サイズ・・・1(One Size Free)

素材・・・リネン 100%

made in japan

 

ORCIVAL(オーシバル)スクエアネックノースリーブブラウスはこちらから

ORCIVAL(オーシバル)クルーネックカーディガン

ORCIVAL ~ オーシバル
1939年フランス・リヨンでチャールズ・バルト氏がフランス中部にある小さな村の名前を使ってマリンTシャツのORCIVALブランドをスタート。
1950~60年代にはフランス海軍でこのマリンTシャツが制服として採用されていたという、由緒あるブランドとして有名になりました。


ORCIVAL(オーシバル)よりクルーネックカーディガンです。
日常使いにぴったりなクルーネックカーディガン。
機能的なサイドポケットや、猫目の本貝ボタンを採用するなど、細かい部分にもこだわりが感じられるデザイン。
適度なフィット感なので、ジャケット下にレイヤードしてもすっきりと収まります。
羽織りとしてだけでなく、ボタンを留めてTシャツのように着用するのもおすすめです。
太番手のナチュラルスラブ糸を度詰めに編んだ天竺素材を使用。素朴な質感でふっくらと優しい肌触りが魅力。
着こむほどに素材特有の風合いが増していき、着心地の良さを実感していただけます。

カラー・・・アイボリー、トップグレー、レッド、ナイトブルー、ブラック

サイズ・・・1、2

素材・・・コットン 100%

ORCIVAL(オーシバル)クルーネックカーディガンはこちらから

ORCIVAL(オーシバル)イージーカーゴパンツ HBS

ORCIVAL ~ オーシバル
1939年フランス・リヨンでチャールズ・バルト氏がフランス中部にある小さな村の名前を使ってマリンTシャツのORCIVALブランドをスタート。
1950~60年代にはフランス海軍でこのマリンTシャツが制服として採用されていたという、由緒あるブランドとして有名になりました。

ORCIVAL(オーシバル)よりイージーカーゴパンツです。
フランス軍のカーゴパンツをベースにしたデザイン。ステッチの色目や細部の仕様まで忠実に再現しています。
存在感のあるボリュームは維持しながらも、コーディネートに取り入れやすい適度なワイドシルエットに仕上げています。
素材にはスーピマコットンを用いた太畝のヘリンボーンを使用。ボールバイオ加工を施すことでヴィンテージライクな風合いに。

カラー・・・カーキ

サイズ・・・1

素材・・・コットン 100%

Made in Japan

ORCIVAL(オーシバル)イージーカーゴパンツ HBSはこちらから

ORCIVAL(オーシバル)バックレースアップネップデニムパンツ

ORCIVAL ~ オーシバル
1939年フランス・リヨンでチャールズ・バルト氏がフランス中部にある小さな村の名前を使ってマリンTシャツのORCIVALブランドをスタート。
1950~60年代にはフランス海軍でこのマリンTシャツが制服として採用されていたという、由緒あるブランドとして有名になりました。

ORCIVAL(オーシバル)よりバックレースアップネップデニムパンツです。
落ち着いたデニムの味わいが大人っぽさ引き立てるストレートパンツ。バックにはレースアップをあしらい愛らしいアクセントをプラスしています。すっきり見えるハイウエストと程よいフィット感で、バランスよく見せてくれます。

カラー・・・インディゴ

サイズ・・・0、1

素材・・・コットン 100%

 

ORCIVAL(オーシバル)バックレースアップネップデニムパンツはこちらから

ORCIVAL(オーシバル)コットンボイルシャツドレス

ORCIVAL ~ オーシバル
1939年フランス・リヨンでチャールズ・バルト氏がフランス中部にある小さな村の名前を使ってマリンTシャツのORCIVALブランドをスタート。
1950~60年代にはフランス海軍でこのマリンTシャツが制服として採用されていたという、由緒あるブランドとして有名になりました。

ORCIVAL(オーシバル)よりコットンボイルシャツドレスです。
広がりを抑えたハンサムなシルエット。一枚ではもちろん、ボトムとのレイヤードスタイルにもおすすめ。
さらりとした軽やかな素材感で着心地も良いです。またポケットがついているため利便性もバッチリです。

カラー・・・ホワイト×ブルー、ブルー×ホワイト

サイズ・・・1(One Size Free)

素材・・・コットン 100%

ORCIVAL(オーシバル)コットンボイルシャツドレスはこちらから

ORCIVAL(オーシバル)コットンVネックシャツ

ORCIVAL ~ オーシバル
1939年フランス・リヨンでチャールズ・バルト氏がフランス中部にある小さな村の名前を使ってマリンTシャツのORCIVALブランドをスタート。
1950~60年代にはフランス海軍でこのマリンTシャツが制服として採用されていたという、由緒あるブランドとして有名になりました。

ORCIVAL(オーシバル)よりコットンVネックシャツです。
コットン素材を使用したドロップショルダーのゆったりとしたシルエットのVネックシャツ。さらりとした軽やかな素材感が着心地抜群です。ネックは深すぎず程よく開いていてデコルテラインをすっきりと見せてくれます。シンプルにデニムやサンダルと合わせたラフなスタイリングもオススメです。

カラー・・・ホワイト×ブルー、ブルー×ホワイト

サイズ・・・1(One Size Free)

素材・・・コットン 100%

 

ORCIVAL(オーシバル)コットンVネックシャツはこちらから

ORCIVAL(オーシバル) Pコート

ORCIVAL ~ オーシバル
1939年フランス・リヨンでチャールズ・バルト氏がフランス中部にある小さな村の名前を使ってマリンTシャツのORCIVALブランドをスタート。
1950~60年代にはフランス海軍でこのマリンTシャツが制服として採用されていたという、由緒あるブランドとして有名になりました。

ORCIVALより Pコートが入荷しました。
素材には程良く肉厚で滑らかな質感のジーロンラムを使用。 2重織のメルトンにする事で、型崩れしにくく、かつ保温性にも優れた仕上がりとなっています。 定番アイテムならではの雰囲気やコーディネイトのしやすさはそのままに、程良くトレンドをプラスしています。様々なボトムに合わせやすいショート丈のコートは利便性もよく使いやすいアイテムですよ。

カラー・・・チャコール、ネイビー

サイズ・・・0、1

素材・・・表地 ウール92% ナイロン8%

 

ORCIVAL(オーシバル) Pコートはこちらから

ORCIVAL(オーシバル) ダッフルコート

ORCIVAL ~ オーシバル
1939年フランス・リヨンでチャールズ・バルト氏がフランス中部にある小さな村の名前を使ってマリンTシャツのORCIVALブランドをスタート。
1950~60年代にはフランス海軍でこのマリンTシャツが制服として採用されていたという、由緒あるブランドとして有名になりました。

ORCIVAL よりダッフルコートが入荷しました。
定番ロングダッフルコートをややゆったりとしたサイズ感でアップデートしたモデル。全体的にリラックス感のあるシルエットのためインナーは肉厚なスウェットやニットなども着用しやすいです。 素材には程良く肉厚で滑らかな質感のジーロンラムを使用。 2重織のメルトンにする事で、型崩れしにくく、かつ保温性にも優れた仕上がりとなっています。 定番アイテムならではの雰囲気やコーディネイトのしやすさはそのままに、程良くトレンドをプラスしています。

カラー・・・チャコール、ネイビー

サイズ・・・1、2

素材・・・表地 ウール92% ナイロン8%、革皮部分 牛革

made in China

 

ORCIVAL(オーシバル) ダッフルコートはこちらから

ORCIVAL(オーシバル) ダブルオーバーコート

ORCIVAL ~ オーシバル
1939年フランス・リヨンでチャールズ・バルト氏がフランス中部にある小さな村の名前を使ってマリンTシャツのORCIVALブランドをスタート。
1950~60年代にはフランス海軍でこのマリンTシャツが制服として採用されていたという、由緒あるブランドとして有名になりました。

ORCIVAL よりダブルオーバーコートが入荷しました。
ミリタリーテイストのダブルコート。マッキーノコートをデザインベースにした、ゆったりと着られるガウンのようなデザイン。特徴的なショールカラーやパッチポケットのディテールや、アンカーマークが刻印された厚めの本水牛ボタンを採用するなど、随所にこだわりが感じられます。ヒップが隠れる絶妙な長さで仕上げ、パンツはもちろんスカートにもバランス良くスタイリングできます。素材には、紡毛のSuper100原料のウールを使用。通常のモッサより毛足を長めに設定した、軽さと膨らみがあるパイル素材のような表面感。着用時の柔らかさが際立つように、裏地には綿キュプラの素材を採用。半裏仕立てにすることで、さらに軽快さをプラス。ポケットの裏地には柔らかいスレキを使用しており、見えない部分まで目を配った仕様です。

カラー・・・ネイビー

サイズ・・・1、2

素材・・・表地 ウール100%、 裏地 コットン50%  キュプラ50%

made in China

 

ORCIVAL(オーシバル) ダブルオーバーコートはこちらから

1 / 3123