標準 アーカイブ

Buddy Optical (バディーオプティカル) 眼鏡  CU (COLUMBIA UNIVERSITY)

Buddy Optical(バディーオプティカル)
ひとりの人が眼鏡を着用する、または着用しない理由はさまざまです。
前者では視力の補正のため、服装のコーディネイトのため、紫外線の防止など…。
後者ではそもそも視力は悪くない、コンタクトで間に合っている、わずらわしいなど…。
このようにそれぞれに理由はさまざまで、どの選択もいち個人の最良の判断のもと選択されたものと思われ、
私たち眼鏡に携わる人間は誰もそれらを強要することはできません(医療的な判断を除いては)。
私たち眼鏡を生業とする者たちが共通して願うことは、眼鏡を着用する人口の増加です。
そのためには眼鏡がもっと身近な存在になることが必要です。
それは「気心の知れた仲間や、相棒のような存在」であること。
そしてライフスタイルの中に自然とある「ワードローブのような存在」であること。
私たちは早速、これらの条件を満たす最良のレンズの選定・フレームデザインを考えはじめ、眼鏡の
生産に取り掛かりました。そして、それらの眼鏡を「Buddy Optical」と名付けました。

「Buddy」とは英語で親友や相棒を意味し、戦友のようなとても近しい存在を表します。
また眼鏡をかけて人前に出ることが美徳とはされなかった時代に、そういった人々の意識を
一気に変えてみせた偉大なるミュージシャンのイメージを反映したものです。
誰もがこの眼鏡に親しみを持ち、そしてクールでいられるように。

 

COLUMBIA UNIVERSITY
卒業生・教授に数多くのノーベル賞受賞者を輩出する世界的な研究大学として有名なコロンビア大学は
ニューヨークのマンハッタンに位置する全米では5番目に古いアイビー・リーグの1校。
(CU)では運動こそ苦手だが、研究を一筋とするような物理学部の研究生をイメージしました。
バランスのとれたボストン型はナードとモードの両方を合わせた特別な雰囲気を演出します。

《レンズ性能》
マルチコートクリアレンズという、よりナチュラルな柔らかい印象の、光の反射を抑え紫外線をカットする”SPF50+ PA+++”という機能が備わっている、クリアレンズながらにサングラスの機能性を持つレンズです。

カラー…イエロータートイズ、ブラウンササ、ブラウンタートイズ、ブラック

サイズ…One

Made in Japan

 

Buddy Optical (バディーオプティカル) 眼鏡  CU (COLUMBIA UNIVERSITY)はこちらから

Buddy Optical(バディーオプティカル) ”p”(ピアノ) Collection 眼鏡 - a/n

Buddy Optical(バディーオプティカル)
ひとりの人が眼鏡を着用する、または着用しない理由はさまざまです。
前者では視力の補正のため、服装のコーディネイトのため、紫外線の防止など…。
後者ではそもそも視力は悪くない、コンタクトで間に合っている、わずらわしいなど…。
このようにそれぞれに理由はさまざまで、どの選択もいち個人の最良の判断のもと選択されたものと思われ、
私たち眼鏡に携わる人間は誰もそれらを強要することはできません(医療的な判断を除いては)。
私たち眼鏡を生業とする者たちが共通して願うことは、眼鏡を着用する人口の増加です。
そのためには眼鏡がもっと身近な存在になることが必要です。
それは「気心の知れた仲間や、相棒のような存在」であること。
そしてライフスタイルの中に自然とある「ワードローブのような存在」であること。
私たちは早速、これらの条件を満たす最良のレンズの選定・フレームデザインを考えはじめ、眼鏡の
生産に取り掛かりました。そして、それらの眼鏡を「Buddy Optical」と名付けました。

「Buddy」とは英語で親友や相棒を意味し、戦友のようなとても近しい存在を表します。
また眼鏡をかけて人前に出ることが美徳とはされなかった時代に、そういった人々の意識を
一気に変えてみせた偉大なるミュージシャンのイメージを反映したものです。
誰もがこの眼鏡に親しみを持ち、そしてクールでいられるように。

– “p”(ピアノ) Collection –
様々なデザインがあふれるファッションアイウェアのなかで、スタンダードを求めるのは難しい。
(特に女性をターゲットにしたモノに於いて)
それがダテメガネであった場合は特に顕著で、オーバーサイズのモノやデコラティブなものになってしまいがちです。
コーディネイトの足し算としての眼鏡。
勿論そういった使い方は正しい。しかし少々力んだ感じも否めません。
もう少し気軽にファッションとしてのメガネを楽しんでもらいたい

p=ピアノ”コレクション “a/n”。
正円に近い、まん丸な形。素材にチタンを使用し質感の高い仕上がりです。
1800~1900年代前半までの眼鏡に多く採用されていた、
SADDLE BRIDGE (サドルブリッジ) という日本では通称 一山 (いちやま) と呼ばれるブリッジの形状。
ノーズパッドがなく、左右のレンズをつなぐブリッジがノーズパッドの役割も果たし、
無駄のないデザイン。テンプルは、1920~1930年代に主に見られた形状を、
デザインとして少し大きめのカーブを取り再構築しています。
片側のテンプルエンドからもう片側のテンプルエンドまで一筆書きした様なシンプルな形状です。

カラー…シルバー、ゴールド、シルバーエナメル、ゴールドエナメル、マットゴールド、アンティークカッパー、マットチタニウム、マットブラック

サイズ… One

Made in JAPAN

 

Buddy Optical(バディーオプティカル) ”p”(ピアノ)はこちらから

Buddy Optical (バディーオプティカル) -PRINCETON

Buddy Optical(バディーオプティカル)
ひとりの人が眼鏡を着用する、又は着用しない理由は様々です。前者では視力の補正の為、服装のコーディネイトの為、紫外線の防止etc…。後者ではそもそも視力は悪くない、コンタクトで間に合っている、わずらわしいetc…。この様にそれぞれに理由は様々で、どの選択も一個人の最良の判断のもと選択されたものと思われ、私たち眼鏡に携わる人々は誰もそれらを強要することは出来ません(医療的な判断を除いては)。私たち眼鏡を生業とする人々が共通して願う事は、眼鏡を着用する人口の増加です。その為には眼鏡がもっと身近な存在になる事が必要です。それは『気心の知れた仲間や、相棒の様な存在』である事。そしてライフスタイルの中に自然とある『ワードローブ』の様な存在である事。私たちは早速、これらの条件を満たす最良のレンズの選定・フレームデザインを考え始め、眼鏡の生産に取り掛かりました。そして、それらの眼鏡を『BuddyOptical』と名付けました。

《Buddy》とは英語で親友や相棒を意味し、戦友の様なとても近しい存在を表します。
また眼鏡をかけて人前に出る事が美徳とはされなかった時代に、そういった人々の意識を一気に変えさせた偉大なるミュージシャンのイメージを反映したものです。誰もがこの眼鏡に親しみを持ち、そしてクールでいられるように。

カラー…シルバーエナメル、ゴールドエナメル、ブラックエナメル、チタンシャーリング

Size…One

Made in Japan

Buddy Optical (バディーオプティカル) -PRINCETONはこちらから

Buddy Optical(バディーオプティカル) ”p”(ピアノ) Collection 眼鏡 - a/n

Buddy Optical(バディーオプティカル)
ひとりの人が眼鏡を着用する、または着用しない理由はさまざまです。
前者では視力の補正のため、服装のコーディネイトのため、紫外線の防止など…。
後者ではそもそも視力は悪くない、コンタクトで間に合っている、わずらわしいなど…。
このようにそれぞれに理由はさまざまで、どの選択もいち個人の最良の判断のもと選択されたものと思われ、
私たち眼鏡に携わる人間は誰もそれらを強要することはできません(医療的な判断を除いては)。
私たち眼鏡を生業とする者たちが共通して願うことは、眼鏡を着用する人口の増加です。
そのためには眼鏡がもっと身近な存在になることが必要です。
それは「気心の知れた仲間や、相棒のような存在」であること。
そしてライフスタイルの中に自然とある「ワードローブのような存在」であること。
私たちは早速、これらの条件を満たす最良のレンズの選定・フレームデザインを考えはじめ、眼鏡の
生産に取り掛かりました。そして、それらの眼鏡を「Buddy Optical」と名付けました。

「Buddy」とは英語で親友や相棒を意味し、戦友のようなとても近しい存在を表します。
また眼鏡をかけて人前に出ることが美徳とはされなかった時代に、そういった人々の意識を
一気に変えてみせた偉大なるミュージシャンのイメージを反映したものです。
誰もがこの眼鏡に親しみを持ち、そしてクールでいられるように。

カラー…シルバー、ゴールド、シルバーエナメル、ゴールドエナメル、アンティークカッパー、マットチタニウム

サイズ… One

Made in JAPAN

Buddy Optical(バディーオプティカル) ”p”(ピアノ) Collection 眼鏡 - a/nはこちらから

Buddy Optical(バディーオプティカル) 眼鏡 -Sorbonne

Buddy Optical(バディーオプティカル)
ひとりの人が眼鏡を着用する、又は着用しない理由は様々です。
前者では視力の補正の為、服装のコーディネイトの為、紫外線の防止etc…。
後者ではそもそも視力は悪くない、コンタクトで間に合っている、わずらわしいetc…。
この様にそれぞれに理由は様々で、どの選択も一個人の最良の判断のもと選択されたものと思われ、
私たち眼鏡に携わる人々は誰もそれらを強要することは出来ません(医療的な判断を除いては)。
私たち眼鏡を生業とする人々が共通して願う事は、眼鏡を着用する人口の増加です。
その為には眼鏡がもっと身近な存在になる事が必要です。
それは『気心の知れた仲間や、相棒の様な存在』である事。
そしてライフスタイルの中に自然とある『ワードローブ』の様な存在である事。
私たちは早速、これらの条件を満たす最良のレンズの選定・フレームデザインを考え始め、
眼鏡の生産に取り掛かりました。そして、それらの眼鏡を『BuddyOptical』と名付けました。

《Buddy》とは英語で親友や相棒を意味し、戦友の様なとても近しい存在を表します。
また眼鏡をかけて人前に出る事が美徳とはされなかった時代に、
そういった人々の意識を一気に変えさせた偉大なるミュージシャンのイメージを反映したものです。
誰もがこの眼鏡に親しみを持ち、そしてクールでいられるように。

カラー…エクリュ、メディシンボトル、オーク、ダークフォレス、ブラック

サイズ… One

Made in JAPAN

Buddy Optical(バディーオプティカル) 眼鏡 -Sorbonneはこちらから

Buddy Optical(バディーオプティカル) ”p”(ピアノ) Collection 眼鏡 - ais (アイス)

Buddy Optical(バディーオプティカル)
ひとりの人が眼鏡を着用する、または着用しない理由はさまざまです。
前者では視力の補正のため、服装のコーディネイトのため、紫外線の防止など…。
後者ではそもそも視力は悪くない、コンタクトで間に合っている、わずらわしいなど…。
このようにそれぞれに理由はさまざまで、どの選択もいち個人の最良の判断のもと選択されたものと思われ、私たち眼鏡に携わる人間は誰もそれらを強要することはできません(医療的な判断を除いては)。
私たち眼鏡を生業とする者たちが共通して願うことは、眼鏡を着用する人口の増加です。
そのためには眼鏡がもっと身近な存在になることが必要です。
それは「気心の知れた仲間や、相棒のような存在」であること。
そしてライフスタイルの中に自然とある「ワードローブのような存在」であること。
私たちは早速、これらの条件を満たす最良のレンズの選定・フレームデザインを考えはじめ、眼鏡の生産に取り掛かりました。そして、それらの眼鏡を「Buddy Optical」と名付けました。

「Buddy」とは英語で親友や相棒を意味し、戦友のようなとても近しい存在を表します。
また眼鏡をかけて人前に出ることが美徳とはされなかった時代に、そういった人々の意識を一気に変えてみせた偉大なるミュージシャンのイメージを反映したものです。
誰もがこの眼鏡に親しみを持ち、そしてクールでいられるように。

– “p”(ピアノ) Collection –
様々なデザインがあふれるファッションアイウェアのなかで、
スタンダードを求めるのは難しい。(特に女性をターゲットにしたモノに於いて)
それがダテメガネであった場合は特に顕著で、オーバーサイズのモノや
デコラティブなものになってしまいがちです。コーディネイトの足し算としての眼鏡。
勿論そういった使い方は正しい。しかし少々力んだ感じも否めません。
半音上がったシャープの音階を表現したメタルフレーム。

洋名:サドルブリッジ、和名:一山(イチヤマ)という
1800年代後半から1900年代初頭までの眼鏡に用いられていたノーズパッドが無い仕様の作りです。
テンプル先も元々は肌に傷を付けない様にするための小さかった折り返しを
あえて大きくする事で、肌との接地面積を広くし安定させるデザインにもなっているいます。
機能とデザインを兼ね備えたの掛け心地の軽いシリーズとなっています。
※度入りのレンズへの交換やフィッティング調節につきましては、お近くのメガネ専門店へご相談下さい。

 

カラー…シルバー、ゴールド、グレー、マットゴールド、マットシルバー、マットブラック

サイズ… One

Made in JAPAN

Buddy Optical(バディーオプティカル) ”p”(ピアノ) Collection 眼鏡 - ais (アイス)はこちらから

Buddy Optical(バディーオプティカル) Shade -Sorbonne

Buddy Optical(バディーオプティカル)
ひとりの人が眼鏡を着用する、又は着用しない理由は様々です。
前者では視力の補正の為、服装のコーディネイトの為、紫外線の防止etc…。
後者ではそもそも視力は悪くない、コンタクトで間に合っている、わずらわしいetc…。
この様にそれぞれに理由は様々で、どの選択も一個人の最良の判断のもと選択されたものと思われ、
私たち眼鏡に携わる人々は誰もそれらを強要することは出来ません(医療的な判断を除いては)。
私たち眼鏡を生業とする人々が共通して願う事は、眼鏡を着用する人口の増加です。
その為には眼鏡がもっと身近な存在になる事が必要です。
それは『気心の知れた仲間や、相棒の様な存在』である事。
そしてライフスタイルの中に自然とある『ワードローブ』の様な存在である事。
私たちは早速、これらの条件を満たす最良のレンズの選定・フレームデザインを考え始め、
眼鏡の生産に取り掛かりました。そして、それらの眼鏡を『BuddyOptical』と名付けました。

《Buddy》とは英語で親友や相棒を意味し、戦友の様なとても近しい存在を表します。
また眼鏡をかけて人前に出る事が美徳とはされなかった時代に、
そういった人々の意識を一気に変えさせた偉大なるミュージシャンのイメージを反映したものです。
誰もがこの眼鏡に親しみを持ち、そしてクールでいられるように。

カラー…バッファロー

サイズ… One

Made in JAPAN

 buddyoptical_20170113IMG_8783

“Feel college Collection”
BuddyOpticalのファーストコレクションは1960年代~1970年代の
大学に通う若者達のファッションをイメージしました。
大学生又はその年頃は最も好奇心旺盛で、ファッションに対して貪欲な時期と言えます。
アイビーやプレッピーというファッションのスタイルも彼らが作り出したもので、
これらのスタイルは今も幅広い年齢層に支持され、決して古びることはありません。
そして彼らのスタイルは、正装である事を中心軸として発展していったものですから
刺激的なデザインは必要なくベーシックで社会的なものでた。
ヴィンテージのカレッジTシャツやスウェットを身につける様に難しいコーディネイトは必要なく、
普段着でいつも身につけることが出来るよう、当時のイメージを損なわず現代的に仕上げています。
日常に溶け込みながらも、ファッションに貪欲さを持ちつづける事を忘れて欲しくない
という思いからファーストコレクション“Feel college”は生まれました。
彼らの生み出したスタイルと同様、幅広い年齢層をターゲットとし、
およそ20代~50代の男性の着用を意識したデザインとなっています。
また、各モデルにUSカレッジの地名またはその略称をつけています。
これらのモデルから、カレッジやユニバーシティの空気を感じて下さい。

パリ大学(Sorbonne/ソルボンヌ)をイメージして作られたモデル。
上部はフラット、下部はラウンドのシェイプでスクウェア型とボストン型を合わせた雰囲気。
テンプルはスツキリと細めに作られています。こちらはサングラスになります。

Buddy Optical(バディーオプティカル) Shade -Sorbonneは

Buddy Optical(バディーオプティカル) 眼鏡 -Sorbonne

Buddy Optical(バディーオプティカル)
ひとりの人が眼鏡を着用する、又は着用しない理由は様々です。
前者では視力の補正の為、服装のコーディネイトの為、紫外線の防止etc…。
後者ではそもそも視力は悪くない、コンタクトで間に合っている、わずらわしいetc…。
この様にそれぞれに理由は様々で、どの選択も一個人の最良の判断のもと選択されたものと思われ、
私たち眼鏡に携わる人々は誰もそれらを強要することは出来ません(医療的な判断を除いては)。
私たち眼鏡を生業とする人々が共通して願う事は、眼鏡を着用する人口の増加です。
その為には眼鏡がもっと身近な存在になる事が必要です。
それは『気心の知れた仲間や、相棒の様な存在』である事。
そしてライフスタイルの中に自然とある『ワードローブ』の様な存在である事。
私たちは早速、これらの条件を満たす最良のレンズの選定・フレームデザインを考え始め、
眼鏡の生産に取り掛かりました。そして、それらの眼鏡を『BuddyOptical』と名付けました。

《Buddy》とは英語で親友や相棒を意味し、戦友の様なとても近しい存在を表します。
また眼鏡をかけて人前に出る事が美徳とはされなかった時代に、
そういった人々の意識を一気に変えさせた偉大なるミュージシャンのイメージを反映したものです。
誰もがこの眼鏡に親しみを持ち、そしてクールでいられるように。

buddyoptical_20170113IMG_8742 buddyoptical_20170113IMG_8880

“Feel college Collection”
BuddyOpticalのファーストコレクションは1960年代~1970年代の
大学に通う若者達のファッションをイメージしました。
大学生又はその年頃は最も好奇心旺盛で、ファッションに対して貪欲な時期と言えます。
アイビーやプレッピーというファッションのスタイルも彼らが作り出したもので、
これらのスタイルは今も幅広い年齢層に支持され、決して古びることはありません。
そして彼らのスタイルは、正装である事を中心軸として発展していったものですから
刺激的なデザインは必要なくベーシックで社会的なものでた。
ヴィンテージのカレッジTシャツやスウェットを身につける様に難しいコーディネイトは必要なく、
普段着でいつも身につけることが出来るよう、当時のイメージを損なわず現代的に仕上げています。
日常に溶け込みながらも、ファッションに貪欲さを持ちつづける事を忘れて欲しくない
という思いからファーストコレクション“Feel college”は生まれました。
彼らの生み出したスタイルと同様、幅広い年齢層をターゲットとし、およそ20代~50代の男性の着用を意識したデザインとなっています。
また、各モデルにUSカレッジの地名またはその略称をつけています。
これらのモデルから、カレッジやユニバーシティの空気を感じて下さい。

カラー…オーク、ダークフォレス、ブラック

サイズ… One

Made in JAPAN

Buddy Optical(バディーオプティカル) 眼鏡 -Sorbonneは

こちらから

 

1 / 11