標準 アーカイブ

ORCIVAL (オーシバル) ボーダー×ドット ドロップショルダーTee

ORCIVAL ~ オーシバル
1939年フランス・リヨンでチャールズ・バルト氏がフランス中部にある小さな村の名前を使ってマリンTシャツのORCIVALブランドをスタート。
1950~60年代にはフランス海軍でこのマリンTシャツが制服として採用されていたという、由緒あるブランドとして有名になりました。

orcival_IMG_7814OCT

orcival_20180407IMG_33131

こちらは、定番のボーダー柄にドット柄をプリントした個性的な一枚。
肩の落ちたドロップショルダーデザインで、カジュアルながらも女性らしさを感じさせてくれます。
ゆとりある身幅に腕をほっそりと見せてくれるワイドめなハーフスリーブ。
バランス良くパンツにもスカートにも合わせやすいです。
生地はORCIVALブランドを象徴するラッセル生地。
一般的なカットソー地に比べ、糸を非常に多く使用した複雑な構造になっています。
安定した丈夫な編み地で、少々引っ掛けてもほつれにくく、洗濯や激しい運動にも耐えるため、ワークウエアに適した優れた素材です。
現在もフランス国内に数台しかない縦編み機で時間をかけて編まれおり、大量に生産することはできません。

●この製品は洗い加工を施しておりません。生地の性質上、通常の家庭洗濯で横方向(身幅・袖幅)に多少縮みます。

カラー・・・ホワイト×ブルー、ホワイト×ブラック

サイズ・・・1/One Size Free

素材・・・コットン 100%

made in FRANCE

 

ORCIVAL (オーシバル) ボーダー×ドット ドロップショルダーTeeはこちらから

ORCIVAL (オーシバル) ボーダーワイドTee

ORCIVAL ~ オーシバル
1939年フランス・リヨンでチャールズ・バルト氏がフランス中部にある小さな村の名前を使ってマリンTシャツのORCIVALブランドをスタート。
1950~60年代にはフランス海軍でこのマリンTシャツが制服として採用されていたという、由緒あるブランドとして有名になりました。

 

ORCIVAL_20170605IMG_2230

 

ORCIVAL_20180409IMG_4898

 

ORCIVALから、定番のボーダーカットソーが入荷しました。
肩の落ちたドロップショルダーデザインで、カジュアルながらも女性らしさを感じさせてくれます。
ゆとりある身幅に腕をほっそりと見せてくれるワイドめなハーフスリーブ。
バランス良くパンツにもスカートにも合わせやすいですよ。

●この製品は洗い加工を施しておりません。生地の性質上、通常の家庭洗濯で横方向(身幅・袖幅)に多少縮みます。

カラー・・・ホワイト×ブルー、ホワイト×ブラック

サイズ・・・1/One Size Free

素材・・・コットン100%

ORCIVAL (オーシバル) ボーダーワイドTeeはこちらから

ORCIVAL (オーシバル) モックネックTee

ORCIVAL ~ オーシバル
1939年フランス・リヨンでチャールズ・バルト氏がフランス中部にある小さな村の名前を使って
マリンTシャツのORCIVALブランドをスタート。
1950~60年代にはフランス海軍でこのマリンTシャツが制服として採用されていたという、
由緒あるブランドとして有名になりました。
ORCIVAL_201638IMG_6755 ORCIVAL_201638IMG_6794 ORCIVAL_2016327IMG_5269
ORCIVALからモックネックTeeが入荷しました。
程良くゆとりのある身幅に着丈はやや短めのシルエット。
さらりと一枚ではもちろん、ウエストをインしたコーディネートもおすすめです。
モックネックは、カジュアルすぎない雰囲気があるのもうれしいポイントですね。

カラー・・・ホワイト、ウルトラマリン、ブラック、エクリュ×マリン、
ホワイト×ウルトラマリン、ホワイト×ブラック

サイズ・・・1

素材・・・コットン100%
生地の性質上、通常の家庭洗濯で多少縮みます。予めご了承ください。

made in JAPAN

 

ORCIVAL (オーシバル) モックネックTeeはこちらから

ORCIVAL (オーシバル) ボーダーワイドカットソー

ORCIVAL ~ オーシバル
1939年フランス・リヨンでチャールズ・バルト氏がフランス中部にある小さな村の名前を使って
マリンTシャツのORCIVALブランドをスタート。
1950~60年代にはフランス海軍でこのマリンTシャツが制服として採用されていたという、
由緒あるブランドとして有名になりました。
ORCIVAL_2016328IMG_6266
ORCIVALからボーダーカットソーが入荷しました。
肩の落ちたドロップショルダーデザインで、カジュアルながらも女性らしさを感じさせてくれます。
ゆとりある身幅に袖も短め。バランス良くパンツにもスカートにも合わせやすいです。

●この製品は洗い加工を施しておりません。生地の性質上、
通常の家庭洗濯で横方向(身幅・袖幅)に多少縮みます。

カラー・・・ホワイト×ブルー

サイズ・・・F

素材・・・コットン100%

made in FRANCE

 

ORCIVAL (オーシバル) ボーダーワイドカットソーはこちらから

ORCIVAL (オーシバル) ルーズボートネックプルオーバー

ORCIVAL ~ オーシバル
1939年フランス・リヨンでチャールズ・バルト氏がフランス中部にある小さな村の名前を使って
マリンTシャツのORCIVALブランドをスタート。
1950~60年代にはフランス海軍でこのマリンTシャツが制服として採用されていたという、
由緒あるブランドとして有名になりました。

ORCIVALからルーズボートネックプルオーバーが入荷しました。
保温性をしっかりと確保した、薄手で軽量なハイゲージニット。
上質なメリノウールを使用しています。
平織りの編み地は横への伸縮に優れ、肌になじみやすいので、ストレスの少ない着用感。
ドロップショルダーでゆとりのある身幅は、着用した時にふわりと動きのあるシルエットに。
シャツを合わせたり、レイヤードスタイルもお楽しみいただけます。

ORCIVAL_2015105IMG_8655 ORCIVAL_20151012IMG_3192

カラー・・・エクリュ×マリン、ブラック×エクリュ

サイズ・・・F

素材・・・ウール100%

 

ORCIVAL (オーシバル) ルーズボートネックプルオーバーはこちらから

ORCIVAL (オーシバル) ラウンドカラーコート

ORCIVAL ~ オーシバル
1939年フランス・リヨンでチャールズ・バルト氏がフランス中部にある小さな村の名前を使って
マリンTシャツのORCIVALブランドをスタート。
1950~60年代にはフランス海軍でこのマリンTシャツが制服として採用されていたという、
由緒あるブランドとして有名になりました。

ORCIVALからラウンドカラーコートが入荷しました。
独自の染色加工を施してマットでドライな肌触りのコートです。
非常に軽い着心地で、今の時期や春先にも丁度良い生地感です。
ややゆったり目のAラインのシルエットで、中に厚手のボリュームのあるニットなども合わせていただけるサイズ感です。
裏地付きで、ボタンには「ORCIVAL」のブランドネームが入ったオリジナルのものを使用。
脇にはハトメのベンチレーションがあり、通気性も確保されています。
ステンカラーコートを丸襟にすることで、よりカジュアルに柔らかい表情になり、
様々なコーディネートをお楽しみいただけます。
チンストラップも装備しており、風の強い日などには襟を立てて止めることもできます。

ORCIVAL___20151012IMG_3514 ORCIVAL_20151012IMG_3429

 

 

カラー・・・ベージュ、ネイビー、ブラック

サイズ・・・1

素材・・・ナイロン100%、付属/牛革

 

ORCIVAL (オーシバル) ラウンドカラーコートはこちらから

ORCIVAL (オーシバル)ナイロンフードジャケット

ORCIVAL ~ オーシバル
1939年フランス・リヨンでチャールズ・バルト氏がフランス中部にある小さな村の名前を使って
マリンTシャツのORCIVALブランドをスタート。
1950~60年代にはフランス海軍でこのマリンTシャツが制服として採用されていたという、
由緒あるブランドとして有名になりました。

ORCIVALからナイロンフードジャケットが入荷しました。
マウンテンパーカーのようにざっくりと羽織るミリタリーテイストなフードジャケットです。
ほどよいハリ感のある素材の丈夫なナイロン生地は永く着ていただける一着となっています。
お馴染みのミツバチマークのロゴがかわいいポイントになっています。

Nigel_2015101IMG_4055 ORCIVAL__2015929IMG_2597

カラー・・・ベージュ、ネイビー、ブラック

サイズ・・・1

素材・・・ナイロン100%、付属/牛革

 

ORCIVAL (オーシバル)ナイロンフードジャケットはこちらから

ORCIVAL (オーシバル) ボーダーショーツ

ORCIVAL ~ オーシバル
1939年フランス・リヨンでチャールズ・バルト氏がフランス中部にある小さな村の名前を使って
マリンTシャツのORCIVALブランドをスタート。
1950~60年代にはフランス海軍でこのマリンTシャツが制服として採用されていたという、
由緒あるブランドとして有名になりました。

ORCIVALからボーダーショーツが入荷しました。
しっかりとしたコットンのカットソー素材を使用したショートパンツ。
ウエストはゴム仕様で紐調整も可能です。
お馴染みのミツバチマークのロゴがかわいいポイントになっています。

ORCIVAL_2015617IMG_2203

カラー・・・キナリ×ネイビー

サイズ・・・2

素材・・・コットン100%

価格・・・税込 ¥9,720

made in japan

ORCIVAL (オーシバル) ボーダーショーツは こちらから

ORCIVAL (オーシバル) ボートネックボーダーワイドTシャツ

ORCIVAL ~ オーシバル
1939年フランス・リヨンでチャールズ・バルト氏がフランス中部にある小さな村の名前を使って
マリンTシャツのORCIVALブランドをスタート。
1950~60年代にはフランス海軍でこのマリンTシャツが制服として採用されていたという、
由緒あるブランドとして有名になりました。

ORCIVALから半袖ボーダーカットソーが入荷しました。
目の詰まった肌触りの良い天竺素材を使用した
厚みも無くかさ張らずに着心地の良い1枚です。
ドロップショルダーと程よいワイドシルエットで、リラックスした雰囲気で着ていただけます。
色違いで揃えたくなる定番アイテムです。

ORCIVAL_2015419IMG_3917

カラー・・・グレー×パールイエロー、イエロー×ホワイト、パールグリーン×ホワイト、グレー×チャコールグレー

サイズ・・・Free

素材・・・コットン100%

価格・・・税込 ¥7,344

made in japan

ORCIVAL (オーシバル) ボートネックボーダーワイドTシャツは こちらから

ORCIVAL (オーシバル) ボーダーワイドカットソー

ORCIVAL ~ オーシバル
1939年フランス・リヨンでチャールズ・バルト氏がフランス中部にある小さな村の名前を使って
マリンTシャツのORCIVALブランドをスタート。
1950~60年代にはフランス海軍でこのマリンTシャツが制服として採用されていたという、
由緒あるブランドとして有名になりました。

ORCIVALからボーダーカットソーが入荷しました。
肩の落ちたドロップショルダーデザインで、カジュアルながらも女性らしさを感じさせてくれます。
ゆとりある身幅にお袖も短め。バランス良くパンツにもスカートにも合わせやすいです。

●この製品は洗い加工を施しておりません。生地の性質上、通常の家庭洗濯で横方向(身幅・袖幅)に多少縮みます。

ORCIVAL_2015419IMG_3790

カラー・・・ホワイト×ブルー

サイズ・・・Free

素材・・・コットン100%

価格・・・税込 ¥10,584

made in FRANCE

 

ORCIVAL (オーシバル) ボーダーワイドカットソーは こちらから

1 / 11